011639

咲牛印のレシピで作りました


[トップに戻る] [スレッド表示] [トピック表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
http://comqueris1960.wordpress.com 投稿者:Makayla2013 投稿日:2018/09/08(Sat) 11:26 No.378

『砂の女』(一九六二年)は、高校教員の主人公・仁木順平が、ハンミョウの昆虫採集の途中に
http://idclinpithe.wordpress.com

http://pounvacirdie.wordpress.com 投稿者:richard2006 投稿日:2018/09/08(Sat) 10:26 No.377

いことそれぞれの好みで読めばいい」というような利いた風なセリフが、空々しく聞こえて
http://chrisunendes.wordpress.com

http://tatiburg1962.wordpress.com 投稿者:Riley2000 投稿日:2018/09/08(Sat) 09:47 No.376

箱の内側の落書きや、記述ノートにより、独我論と外界、他者性の問題にまで、踏み込みかけて
http://lifvemisma.wordpress.com

http://slaprienatip.wordpress.com 投稿者:wyatt2013 投稿日:2018/09/08(Sat) 08:16 No.375

言葉と、小説空間を埋めている何百tもの砂の重量が、均衡している 読者は、〈砂のニヒリ
http://betyxersynch.wordpress.com

http://glendispno53.wordpress.com 投稿者:Gabriel2011 投稿日:2018/09/08(Sat) 07:57 No.374

しかも、その未分化の情動、リビドー、「深層の個性」との出会いは、井戸の掘削のために最初
http://permvirchadown.wordpress.com

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -